基本知識を身につける

ドライマークに注意

最近では多くのクリーニング店が誕生しているのと同時に、家庭用洗濯機も高機能のものが多く誕生しています。基本的に自宅で洗濯できない衣類をクリーニングに出して綺麗にするという考え方が一般的ですが、衣類をクリーニングに出すか自宅で洗濯するかで迷った時に指針となるのがドライマークです。ここで注意しておきたいのが、ドライマークが付いているからといって家庭用洗濯機のドライコースを利用して綺麗にできるというわけではないということです。基本的にドライマークが付いているものは、洗濯による衣類の縮みやダメージが大きいので、自宅で洗う場合は手洗いで洗濯をするのが綺麗に仕上げるポイントとなります。ドライマークは洗濯機のドライコースで洗えるわけではないので注意が必要です。

家庭で洗うのを避けたい衣類

自宅で洗濯をせずにクリーニングに出した方が良い衣類と言われているのが、色落ちが激しい洋服やシワ加工を施した洋服です。自宅で洗濯をする場合は、どうしても水を利用した洗濯しかできないので、仕上げがうまくいかないということが多くあります。特に水によるダメージが大きい革ジャケットや繊細な織り目で作られた着物などは無理に洗おうとせずに専門店に頼んでおくのが良いでしょう。綺麗な仕上げにしてくれるクリーニング店を選ぶことによって、繊細な衣類でも長い間利用することができます。クリーニングに出した方が良い服と自宅で洗える服の基本を理解して正しい洗濯をすることが大切です。